話題の節約術「ポイ活」って知ってる?

【ステップ①】給料が入ったらまず「先取り貯金」をしよう

先取り貯金

貯金講座1話1ページ

貯金講座1話2ページ

貯金講座1話3ページ

貯金講座1話4ページ

貯金講座1話5ページ

貯金講座1話6ページ

貯金講座1話7ページ

貯金講座1話8ページ

貯金の原則は「先取り貯金」

先取り貯金の考え方

貯金を成功させたいなら、必ず「先取り貯金」をしましょう。

給料が入ったらまず貯金を確保し、残りのお金で生活する。

これだけで、だれでも貯金が出来るようになります。

 

これから家計を整えていくので、まずは小さな金額でOKです。

5,000円でも1,000円でも「これくらいなら貯金にまわしてもいいかな?」と思える額を先取り貯金してみましょう。

りら

私もはじめての先取り貯金は5,000円だったよ

貯金専用口座を用意する

貯金専用口座を用意する

貯金は必ず、「貯金専用口座」を用意して、生活費用の口座と分けるようにしましょう。

生活費と貯金が一緒になっていると、「せっかく貯めたはずなのにいつの間にか残高がない…」なんてことになりかねません。

 

貯金専用口座を用意すれば、増えていく貯金額を実感できるので、貯金のモチベーションアップにもつながります。

貯金が増えていくのはゲームのようで楽しい

 

りら

1万円、10万円、100万円とお金が貯まっていくのが、ゲームみたいで楽しいよ😊

 

▽私の貯金専用口座は住信SBIネット銀行

「貯金は絶対使わない」意思をもつ!

せっかく貯めたお金を使ってしまっては意味が無いので、「貯金口座に入れたお金は絶対に出さない」という意思を持つことが大切です。

キャッシュカードを持ち歩いていると、引き出してしまう恐れがあるのでカードは絶対に持ち歩かないようにしましょう。

先取り貯金のお金は「無いもの」と思っておくのが一番です。

 

貯金を使ってしまいそうな人は、近くにあまり支店のない銀行などを使うのがおすすめです。

 

りら

次の給料日から、早速始めてみましょう

まとめ

  • 給料が入ったら先に「貯金」を取り分ける
  • 貯金専用の口座を用意する
  • 貯金は使わない意思をもつ!

 

次のページ>>何にお金を使ってる?「本当に必要か」考える

 

▼貯金講座記事一覧▼(順次公開予定)

【ステップ0】事前準備
クレジットカードは封印しよう

【ステップ1】まずは先取り貯金
給料が入ったら先に貯金する「先取り貯金」をしよう

【ステップ2】お金の使いみちを意識する
何にお金を使ってる?「本当に必要か」考える

【ステップ3】家計の流れを知る
家計簿をつける
┗お金の使い方を振り返る

【ステップ4】家計の見直しをして無駄な支出を減らす
┣固定費を節約する
┣変動費を節約する
┗理想の割合から適切な予算を組んでみる

【ステップ5】先取り貯金を増額してスピードアップ
┗家計の見直しで浮いたお金は「先取り貯金」にまわす

【ステップ6】年間予算を考える
┣一年間の支出をかきだしてみる
┗特別費は毎月積み立てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。