話題の節約術「ポイ活」って知ってる?

【ステップ②】買い物をするときに本当に必要か考える

「本当に必要か」考える

【マンガでわかる貯金方法】を最初から見る
貯金講座2-1

貯金講座2-2

貯金講座2-3

貯金講座2-4

貯金講座2-5

貯金講座2-6

貯金講座2-7

貯金講座2-8

買い物をするときに「本当に必要か?」考える

家計管理するなら「家計簿をつけたりするんじゃないの?」と思うかもしれませんが、今はまだ家計簿はつけません。

まずは、いつもどおりの生活をしながら、買い物のときに「本当に必要か」自分に問いかけることだけ続けてみてください。

貯金を成功させるには、この「意識改革」が一番重要になります。

商品の1回あたりの使用料を考える

1回あたりの使用料を考えると、服飾品や便利グッズなど、身の回りのものを購入する際に取り入れると、無駄遣いを減らせます。

例えば洋服。

15,000円の長袖Tシャツ

シンプルなデザインで、商品がだめにならなければ5年位は着れそうなデザインのもの。

週1回、夏季(6〜9月)以外の着るとすると、年間35回の着用。

5年間着れるとしたら35×5=175回。

1万5000円のTシャツだと結構高いけど、175回着るなら1回85円だから、買ってもOK◎

15,000円の長袖Tシャツは一回85円

 

では、こちらの例はどうでしょうか?

5,000円のオフショルトップス
人気のオフショルダーのトップス。かわいいですよね。

着れるのはどれくらいでしょうか?来年はまだ着れるかな?

ワンシーズン(約4ヶ月)だけ週一回着るとして、年間17回。来年も着れるなら34回。

5000円で、そこまで高くないけど、34回しか着れないなら1回147円。これはちょっと高いかな。
5,000円のオフショルトップスは1回147円

こんな感じで、一回の使用料がいくらになるか考えることで、浪費を防げます。

絶対に使用料100円以下である必要はない

少し矛盾することをいいますが、「絶対に使用料100円以下でないといけない」と言うわけではありません。

購入することで、劇的に効率が良くなったり、生活の質が良くなるようなら購入しても良いでしょう。

大事なのは、「本当にそれは必要な物なのか」考えること。

本当に必要?

「必要」なのか「欲しい」のかを冷静に判断出来るようになりましょう。

 

こんなふうに考えてみることでも、必要かどうかが判断出来るかも知れません。

  • 他の物で代用できないか?
  • 似たような物を持っていないか?
  • 一週間経っても買いたいと思うか?

特に時間を置くのは有効な手段なので、1週間1ヶ月経っても買いたいと思うか考えてみてくださいね。

まとめ

  • 買い物をするときに「本当に必要か」考える
  • 1回あたりの使用料を目安にする
  • 暮らしが豊かになるものなら使用料にしばられすぎない

 

りら

時短家電などは多少高くても買ったほうがいいかも!

 

次のページ>>【家計の流れを知る】家計簿をつける

 

▼貯金講座記事一覧▼(順次公開予定)

【ステップ0】事前準備
クレジットカードは封印しよう

【ステップ1】まずは先取り貯金
給料が入ったら先に貯金する「先取り貯金」をしよう

【ステップ2】お金の使いみちを意識する
何にお金を使ってる?「本当に必要か」考える

【ステップ3】家計の流れを知る
家計簿をつける
お金の使い方を振り返る

【ステップ4】家計の見直しをして無駄な支出を減らす
固定費を節約する
変動費を節約する
┗理想の割合から適切な予算を組んでみる

【ステップ5】先取り貯金を増額してスピードアップ
┗家計の見直しで浮いたお金は「先取り貯金」にまわす

【ステップ6】年間予算を考える
┣一年間の支出をかきだしてみる
┗特別費は毎月積み立てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。