話題の節約術「ポイ活」って知ってる?

【ステップ③-1】家計簿をつける

【貯金方法】家計簿をつけよう

【マンガでわかる貯金方法】を最初から見る

貯金のやり方講座3-1
貯金のやり方講座4−1
貯金のやり方講座4−1
貯金のやり方講座4−1
貯金のやり方講座4−1
貯金のやり方講座4−1
貯金のやり方講座4−1
貯金のやり方講座4−1
貯金のやり方講座4−1

はじめての家計簿なら手書きがおすすめ

家計簿は自分が使いやすいものを選ぼう

家計簿はパソコン、アプリ、ノートなど種類が豊富で、便利な機能がついている物もたくさんあります。

レシートの写真を撮るだけで読み込んでくれたり、口座情報と連携して自動で記録してくれたり。

 

便利なものがいろいろありますが、本気で家計を見直すなら、まずは手書きの家計簿がおすすめ。

ただの大学ノートに書いていくのもOKですが、あらかじめ枠が用意されている「家計簿専用ノート」の方が、気軽に利用出来ます。

もし、使っていない家計簿があるならそれを使ってもいいでしょう。

りら

手書きのほうが、よりお金の流れを意識しやすくなるからね💡

月初めに固定費を記入

家計簿をつけ始めたら、毎月決まって出て行く「固定費」を先に記入します。

今は金額がわからない場合は、あとで記入でもOK。分かる範囲で記入しておきましょう。

私が固定費に分類しているもの
  • 住居費(家賃、住宅ローン)
  • 水道光熱費(電気、水道、ガス、灯油)
  • 通信費(スマホ代、ネット代)
  • お小遣い
  • 保育料
  • 保険
  • ガソリン
  • 借金(ローン、奨学金)

上記以外にも、習い事や月額サービスなど毎月利用している物がある場合は、「固定費」として記入しましょう。

買い物をしたら必ずレシートを受け取る

買い物したらレシートは必ず受け取る
買い物をしたら必ずレシートは受け取りましょう。

レシートは何を買ったかが記録されているので、お金の流れを知るのに大事なアイテム。

受け取らずに捨てたり、受け取っても入りっぱなしで財布がパンパンなんてのはNG。

レシートが無い場合はメモ書きでもオーケーなので、分かるように記録しておきましょう。

毎日記録できないなら、レシートの仕分けだけやる

仕分けだけなら毎日できる
毎日家計簿をつけるのが難しければ、レシートをお店ごとに分類してみましょう。

分け方は「スーパー」「コンビニ」「ドラッグストア」などジャンルごとでOK。

レシートをお店ごとにわけることで、どこのお店での買い物が多いかもひと目でわかります。

家計簿はレシートごとに記入する

費目はレシートごとに分ける

食品と日用品などは、一緒に購入することが多いですよね。

そういう場合単品をいちいち分けて書くのは面倒なので、レシート一枚をまとめてしまって大丈夫です。

例えば

スーパーで食品を買ったついでにトイレットペーパーも購入→全部食費でオーケー

100均で雑貨を買ったついでにお菓子も購入→全部日用品でオーケー

お金の流れを把握することが目的なので、細かいことは気にしすぎないようにしましょう。

わける費目は多くしすぎない

わける費目は多くしすぎない

費目を多くしすぎると、管理が大変になるので挫折のもと。

私が実際に使っているの費目は下記のとおり。下記があれば、たいていのものは分類できます。

  • 食費
    →基本的に家で食べるもの
  • 外食費
    →外で食べたものは外食
  • 日用品費
    →ティッシュ、トイレットペーパーなど日常生活で消費するもの
  • 被服・美容費
    →洋服、バッグ、アクセサリー、化粧品、美容院、クリーニングなど身だしなみに関するもの
  • 医療費
    →病院代や薬代(市販薬含む)
  • 趣味娯楽費
    →漫画、有料チャンネル、カラオケなど、自分、家族などが楽しむための支出
  • 交際費
    →人と一緒に行った外食やレジャー、プレゼントなど
  • 交通費
    →電車代・タクシー代など
  • その他
    →上記のどれにも当てはまらないもの

りら

10個以内にすること、「その他」を設けることがポイントだよ

家計簿の期間は給料日〜給料日前日がおすすめ

家計簿の開始日〜締め日はいつでもOK。

いつにしたらいいかわからないなら、給料日〜給料日前日を一ヶ月とする方法がおすすめ。

給料日が25日の場合なら、25日〜翌月24日を一ヶ月にする。

休日の絡みで給料日が23日までになったら25日〜23日とする。

開始日と締め日はいつでもかまわないので、一度決めたらころころ変えないようにしましょう。

まとめ

  • 買い物のレシートは必ず受け取る
  • 固定費は月初に記入する
  • 変動費はレシートごとに記入する
  • 毎日仕分けだけしておけば、記入はまとめてでもOK
  • 費目は10個以内して、「その他」は必ずつくる

 

次のページ>>【家計の流れを知る】お金の使い方を振り返る

 

▼貯金講座記事一覧▼(順次公開予定)

【ステップ0】事前準備
クレジットカードは封印しよう

【ステップ1】まずは先取り貯金
給料が入ったら先に貯金する「先取り貯金」をしよう

【ステップ2】お金の使いみちを意識する
何にお金を使ってる?「本当に必要か」考える

【ステップ3】家計の流れを知る
家計簿をつける
お金の使い方を振り返る

【ステップ4】家計の見直しをして無駄な支出を減らす
固定費を節約する
┣変動費を節約する
┗理想の割合から適切な予算を組んでみる

【ステップ5】先取り貯金を増額してスピードアップ
┗家計の見直しで浮いたお金は「先取り貯金」にまわす

【ステップ6】年間予算を考える
┣一年間の支出をかきだしてみる
┗特別費は毎月積み立てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。