メインカードはリクルートカードに決まり!無料で1.2%還元!

クレジットカードが一枚しか持てないとしたら、どのカードを選びますか?

私なら、「リクルートカード」を選びます。

たくさんあるクレジットカードの中で、なぜリクルートカードがいいのか?

私が考える、リクルートカードのおすすめポイントを紹介します。

リクルートカードは入会金・年会費無料

入会金・年会費を上回るよほどの魅力がない限り、クレジットカードは入会金・年会費無料のものが良いと思っています。

もちろん、リクルートカードも入会金・年会費無料。

国際ブランドはJCB/VISA/MasterCardから選ぶことができます。

リクルートカードは無料では最高クラスのポイント還元率1.2%

クレジットカードのポイント還元率は0.5%(200円につき1円分のポイント)が主流。

しかし、リクルートカードは無料でありながら1.2%還元(100円につき1.2円分のポイント)になります。

毎月の利用金額の1.2%に対して、小数点第一位以下を切り捨てたポイントが付与されます。

利用金額50,000円の場合
50,000×1.2%=600ポイント

還元率0.5%のクレジットカードなら、同じ利用金額50,000円だったとしても250ポイントしかもらえないのでその差は歴然ですよね。

利用金額が増えるほど、もらえるポイントに差がついていくので、クレジットカードの利用額が多い方ほど、高還元率のクレジットカードがおすすめです。

貯まるポイントはリクルートポイント

リクルートカードの利用で貯まるポイントは、リクルートポイントがたまります。

リクルートポイントは

  • ポンパレモール
  • じゃらん
  • ホットペッパー
  • ホットペッパーグルメ

などリクルートの各サービスで利用することができます。
貯めたポイントを利用してネットショッピングしたり、食事や旅行を楽しむこともできます。

リクルートポイントはPontaポイントへ交換可能

クレジットカード利用で貯まったリクルートポイントはPontaポイントへ交換することができます。
Pontaポイントは

  • ローソン
  • ケンタッキー
  • ピザハット

など色々な店舗で利用することができます。

 

Pontaポイントは上記のサービスで利用する場合は1P=1円相当の価値となりますが、ある方法ではポイントの価値を2倍~3倍にすることができます。
ある方法の詳しいやり方は関連記事へ。

 

その他、Pontaポイントは無印良品のポイントにも交換出来るので、無印良品が好きな方にもおすすめです!

リクルートカードとnanacoの合わせ技で節税も可能

セブン&アイの発行する電子マネー「nanaco」との合わせ技で節税することも可能です。

バーコード付きの払込票で支払う自動車税や固定資産税、公共料金などはセブンイレブンでnanaco払いすることができます。
収納代行の場合、nanaco払いによるポイントは付与されませんが、nanacoにクレジットチャージをすることによってクレジットカードのポイントを貯める事ができます。

年間20万円税金の支払いがあるとしたら、20万円×1.2%=2400円分ものポイントを貯めることができます。

nanacoへクレジットチャージをした時にポイントが貯まるクレジットカードは限られているので、高還元のリクルートカードがおすすめです。

ポイントが貯まるのはJCBブランドのみというカードが多い中、リクルートカードなJCB/VISA/MasterCardどれを選んでもポイントが貯まります。

nanacoを利用した節税方法「知らないなんて損!nanacoを使って税金の支払いをお得にする方法」をご覧ください。

リクルートカードまとめ

リクルートカードは無料で1.2%還元なのでポイントが貯まりやすい!

nanacoへのクレジットチャージでもポイントが貯まるので節税効果も!

1枚しかクレジットカードが持てないなら、リクルートカードが絶対おすすめです。

今なら入会&利用でポイントが貰えるキャンペーンも開催していますよ!

\ランキング参加中/
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です