新しい節約術「ポイ活」を活用しよう

投資を始めるなら「楽天証券」か「SBI証券」がおすすめ!

SBI証券・楽天証券がおすすめ

「投資を始めてみようかな…」と思っても、まずどうしたらいいのかわからないですよね。

投資を始めるためにはまず、証券口座を開設しましょう!

証券口座は

のいずれかがオススメです。

りら
りら

私は両方使っているよ!

\私のメインはこっち/

楽天証券の特徴

  • 手数料が安い
  • 取扱銘柄が多い
  • 投資信託をクレジットカードで買える
  • 楽天ポイントが使える
  • ポイント投信積立で楽天ポイントUP
  • 楽天銀行との連携で金利アップ

手数料が安い

楽天証券の手数料は業界最安水準!

「いちにち定額コース」なら1日の取引金額50万円までは手数料0円!

取扱銘柄が多い

業界トップクラスの銘柄数!

投資信託の取り扱い銘柄数は2691本!(2020/8/17現在)

投資信託をクレジットカードで買える

投資信託の積立は毎月5万円まで楽天カード決済が可能!

楽天カード払いでポイントゲット!

まだ楽天カードを持っていないなら一緒に発行しておきましょう。

▽楽天カードについてはこちら。

楽天ポイントが使える

楽天証券では、投資信託・国内株式の購入に楽天ポイントが使えます。

「投資するのがまだちょっと怖い」という方の練習にもおすすめです。

▽楽天ポイントを使った投資信託の購入方法はこちら。

ポイント投信積立で楽天ポイントUP

楽天証券で月500円以上投資信託を購入して、そのとき楽天ポイントを1ポイント以上利用すると、楽天市場でのお買い物のときにもらえるポイントがアップします。(SPU)

楽天ユーザーならこれを使わない手はありません!

楽天銀行との連携で金利アップ

楽天銀行と楽天証券を連携サービス「マネーブリッジ」に登録すると、金利優遇が受けられます。

通常0.02%の普通預金金利が、連携するだけで5倍の0.1%になります。

しかも、手数料無料で自動入出金(スイープ)もできるので、連携しておくととっても便利です。

SBI証券の特徴

  • 手数料が安い
  • 取扱銘柄が多い
  • 住信SBIネット銀行との連携が便利

手数料が安い

楽天証券と同じく、「アクティブプラン」なら一日の取引金額50万円までは手数料0円!

取扱銘柄が多い

SBI証券も取り扱い銘柄数が豊富。

投資信託の銘柄数は2652。(2020/8/23現在)

トータルでは楽天証券よりSBI証券の方が銘柄数は豊富です。

住信SBIネット銀行との連携が便利

住信SBIネット銀行と連携して「ハイブリッド預金」を使うと、資金の移動が不要になるなるのでとっても便利。

しかもハイブリット預金は、普通預金金利の10倍の0.01%になります。

「楽天証券」と「SBI証券」どっちを選ぶ?

私がメインとして使っているのは「楽天証券」。

ポイントを貯めたり使ったりできるので楽天ユーザーに特におすすめ。

SBI証券」は銘柄数が豊富なので、持っておくと何かと便利。

なので、どちらも口座開設しておくのがおすすめです!

\私のメインは楽天証券/

初めての投資

この記事はお役に立てましたか?
役に立ったらSNSでのシェアやリンクをしていただけると嬉しいです。

感想・質問等はページ下部のコメント欄またはお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。

「貯金ができない」って思っていませんか?

結婚するまで貯金ゼロだった浪費家が、出産をきっかけに年間100万円以上の貯金に成功しました。
私が貯金ができるようになった方法を、漫画でわかりやすく紹介しています。

節約リッチ生活

コメント

タイトルとURLをコピーしました