知らないなんて損!nanacoを使って税金の支払いをお得にする方法

自動車税や固定資産税などは何で支払っていますか?
口座振替?払込票で現金払い?

税金のお得な支払い方法はご存知ですか?

このような「バーコード付きの払込票」の場合、コンビニエンスストアで支払うことができます。

バーコード付きの払込票なら、セブンイレブンにてクレジットチャージしたnanacoで支払うことで、間接的にポイントがもらえ、節税につながるのです!

nanacoとは?

チャージをして使うセブン&アイの発行する電子マネーです。
イオンのWAONや楽天Edyと同じようなものです。

セブンイレブンなどのセブン&アイグループの他、様々な店舗で利用できます。
通常、支払金額100円につき1ポイントがもらえます。

節税に欠かせない!nanacoの入手方法

nanacoを使って節税する方法

セブンイレブンではバーコード付きの払込票の場合、nanacoで支払う事ができます。
nanacoで支払ってもnanacoポイントはもらえません。
ですが、nanacoにクレジットチャージをすることでクレジットカードのポイントをもらうことが出来ます。

税金の支払いで間接的にポイントをもらうことが出来るので、「節税」に繋がります。

nanacoへのクレジットチャージでポイントが貯まるクレジットカード

nanacoへクレジットチャージできるクレジットカードは限られていて、ポイントが貯まるカードは更に少なくなります。

一部ですが、クレジットチャージでポイントの貯まるカードを4種類紹介します。

  • セブンカード・プラス
  • リクルートカード
  • 楽天カード(JCB)←2017年10月31日で終了
  • Yahoo!JAPANカード(JCB)
注意
楽天カードとYahoo!JAPANカードはJCBブランドのカードのみクレジットチャージ可能です。

セブンカード・プラスは年間5万円以上の利用で年会費無料。それ以外のカードは永年年会費無料です。

個人的なオススメは、「リクルートカード」または「Yahoo!JAPANカード」のいずれか。
リクルートカードは還元率1.2%、Yahoo!JAPANカードは還元率1%です。

リクルートカードはPontaポイント、Yahoo!JAPANカードはTポイントが貯まるので、使いやすいポイントが貯まるカードを選択すると良いと思います。

メインカードはリクルートカードに決まり!無料で1.2%還元!

nanacoクレジットチャージの事前準備

nanaco入手

nanacoをお持ちでない場合はnanacoを入手します。

節税に欠かせない!nanacoの入手方法

nanacoカードは入会から10日後に、nanacoモバイルは新規入会・機種変更から4日後の朝6時以降に、クレジットカードを登録することが出来るようになります。

nanacoは支払い日より余裕を持って用意するようにしましょう。

本人認証サービスへ登録

nanacoのクレジットチャージは、本人認証サービスに登録済みのクレジットカードのみ利用出来ます。

リクルートカードの場合

JCBブランドならMyJCBに、MasterCard・VISAブランドならNEWS+PLUSに登録します。
ここで登録したID・パスワードが、本人認証サービスのID・パスワードになります。

すでに上記サイトに登録済みの場合は、新たに登録する必要はありません。

楽天カードの場合

楽天e-NAVIから本人認証サービスのパスワードを登録します。

Yahoo!JAPANカードの場合

Yahoo!JAPANカード会員サービスメニューにログインします。

「各種お手続き」内の「本人認証サービスの登録・停止」から本人認証サービスのパスワードを登録します。

nanacoにクレジットカードを登録

本人認証サービスの登録が完了したら、nanacoにクレジットカードを登録します。

  1. nanaco会員メニューにログイン
    カード裏側に記載の「nanaco番号(16桁)」「その下の7桁の番号」を入力します。
  2. 「nanacoクレジットチャージ」を選択
    クレジットカードに関する特約を読み「特約に同意の上、登録」を選択します。
  3. クレジットカードの情報を入力
    「カード番号」「有効期限」「セキュリティコード」「カード会社に届出済みの電話番号」を入力して「次へ」を選択します。
  4. 個人情報を入力
    「氏名」「生年月日」「クレジットチャージ用のパスワード」を入力して「次へ」を選択します。
  5. 内容を確認
    入力した内容に誤りがなければ「登録する」を選択します。
  6. ID+パスワードを入力
    本人認証サービスのIDやパスワードを入力して「送信」を選択します。
  7. 完了
    登録完了の画面になればOKです。

詳しいやり方は、公式サイトにて画像つきで確認することが出来ます。

nanacoにクレジットチャージする

クレジットカード登録後、24時間経過するとクレジットチャージが出来るようになります。

  1. nanaco会員メニューにログイン
    カード裏側に記載の「nanaco番号(16桁)」「その下の7桁の番号」を入力します。
  2. 「クレジットチャージ」を選択
  3. 「nanacoクレジットチャージ申し込み」を選択
  4. 「金額」と「パスワード」を入力
    「金額」はプルダウンから5,000~29,000円の範囲内で1,000円刻みで選択できます。
    「クレジットチャージパスワード」を入力して「次へ」を選択します。
  5. 内容を確認して「申し込み」
    金額に誤りがなければ「申し込み」を選択します。
  6. 完了
    申し込み完了の画面になればOKです。

チャージはこれで完了ですが、チャージしただけでは使うことは出来ません。
チャージ直後は「センター預かり」となっているため、「残高確認」をしてカードに残高を移す必要があります。

nanacoの残高確認をする

残高確認の方法は2パターンあります。

nanaco加盟店のレジで残高確認

nanaco加盟店のうち「残高確認」に対応した店舗のレジで残高確認が可能です。
「nanacoの残高確認をお願いします」と伝え、端末にかざせばOK。

注意
レジでの残高確認の場合、1回の残高確認では29,999円までしかカードに移すことが出来ません。
30,000円以上をカードに移したい場合は残高確認を2回する必要があります。

セブン銀行ATMで残高確認

イトーヨーカドーやセブンイレブンなどに設置されている、セブン銀行のATMでも残高確認をすることが出来ます。
画面右下の「nanacoチャージ・残高確認」から出来ます。

詳しいやり方は公式サイトで画像つきで確認することが出来ます。

MEMO
すぐにnanacoで支払う場合は、支払いの際に残高確認をすればOKです。
「nanacoの残高確認をして、支払いもnanacoでお願いします」と伝え、残高確認と支払いで2回端末にかざします。

nanacoクレジットチャージの注意点

クレジットチャージは

  • 1ヶ月に15回まで
  • 1ヶ月に合計20万まで
  • 1日に3回まで
  • 1回で29,000円まで

という制限があります。

また、カード内残高は50,000円まで、センター預かり分も50,000円までという上限があります。

1回の支払いが29,000円以下の場合は気にする必要はありませんが、29,001円以上の場合は複数回チャージをする必要があります。

50,000円チャージしたい場合
29,000円+21,000円などと2回に分けてチャージします。
100,000円チャージしたい場合
29,000円+21,000円などでチャージをして残高確認をします。(カード内残高50,000円)
翌日以降にもう一度29,000円+21,000円などでチャージします。(カード内残高50,000円+センター預かり50,000円)

nanacoクレジットチャージまとめ

 

知らなければ1円ももらえませんが、「知っている」だけで何千円と得をすることが出来ます。
どうせ支払わなければならないものなら、少しでもお得に支払いをしましょう!

1枚のnanacoでは5万円までしか支払うことが出来ませんが、1回の会計で5万円以上支払うワザもありますので、高額な支払いほどnanacoを活用してくださいね!

\ランキング参加中/
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です