固定費の見直しは節約の鍵!今さら聞けない「格安SIM」とは?

節約には欠かせない、固定費の見直し。

我が家は、一年ほど前にスマートフォンを格安SIM(シム)に変更し、毎月の通信費を6,000円ほど安くすることに成功しました。

格安SIMに変更すれば、ずっと通信費を抑えることが出来るので、節約家計にはオススメです!

私自身、わからないことだらけで、格安SIMへ変更するまでに沢山調べました。

この記事では、なんの知識のない人でもわかりやすいように格安SIMについて説明します。

少しでも「やってみようかな」と思ってもらえたら嬉しいです。

そもそも格安SIMカードとは?

SIMカードとは通信に利用するICカード

SIM(シム)カードとは、スマートフォン・携帯電話やタブレットなどの中に入っている小さいICカードのことをいいます。

モバイル回線を利用してインターネット・通話をするには、このSIMカードが必要になります。

格安SIMカードはより安価な通信サービス

docomoやauといった大手通信キャリアから回線を間借りして、通信サービスを提供する事業者をMVNO(エムブイエヌオー)といいます。

このMVNOが提供するサービスは、大手キャリアよりも安く利用できることから「格安SIM」と呼ばれています。

MVNOは「楽天モバイル」「mineo」「LINEモバイル」など数百社もあり、たくさんの企業の中から自分好みの企業を選ぶことが出来ます。

SIMカードは2種類・3サイズ

SIMカードには「音声通話+データ通信」のSIMと「データ通信のみ」のSIMの2種類があります。

格安SIMで電話を利用したい方は「音声通話+データ通信」のSIMを選択して下さい。

タブレットで利用したい場合など、通話が必要ない方は「データ通信のみ」のSIMを選びましょう。

また、SIMカードのサイズは「標準SIM」「micro(マイクロ)SIM」「nano(ナノ)SIM」の3サイズになります。

機種によってSIMのサイズが異なるので、利用端末のSIMサイズの確認が必要です。

オススメはnanoSIM

今の機種がmicroSIMだからとmicroSIMを選択した場合、機種変更でnanoSIMにサイズが変わってしまうと使えません。

その場合は、SIMの再発行手続きが必要になってしまいます。

SIMの再発行には手数料がかかるので、私としては最初に「nanoSIM」を選択することをおすすめします。

大きいSIMを小さい穴に入れることは出来ませんが、小さいSIMなら「変換アダプタ」を利用することで対応させることが出来ます。

変換アダプタは数百円で購入出来ますので、アダプタを利用することに不安がない方は是非取り入れてみてくださいね。

 

りら

私は、何も考えずにmicroSIMにしてしまったので後悔しています😅

格安SIMのメリット

格安SIMのメリットは

  • 月額料金が安くなる
  • 今の電話番号を引き続き利用できる(MNP)
  • 最低利用期間が短い

といったところ。

月額料金が安くなる

契約プランにより変わりますが、多くの事業者では月額3,000円未満で利用することが可能です。

私が利用しているmineoの場合、音声通話+データ通信3GBで1,510円(税抜き/Aプラン)となっています。

今の電話番号を引き続き利用できる

MNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ)に対応しており、いま利用している電話番号をそのまま利用することが出来ます。

ただし、MVNOによっては、申し込みから数日間通話が使えなくなってしまうものもあります。

最低利用期間が短い

MVNOは、大手キャリアのような「2年縛り」などがない事業者が多いです。

通話SIMの場合は最低利用期間が1年ほどという事業者も多くありますが、私が利用しているmineoの場合は、最低利用期間は設けられていません。

最低利用期間が設けられている事業者の場合でも、2年縛りなどのプランの自動更新はないので、最低利用期間を過ぎればいつ解約しても違約金はかかりません。

格安SIMのデメリット

料金が安いことが最大のメリットである格安SIMですが、デメリットも存在しています。

格安SIMのデメリットとしては

  • 実店舗が少ない
  • キャリアが提供するサービスが使えない
  • クレジットカード払いのみのところが多い
  • スマホ本体の保証が受けられない
  • 乗り換え後に、自分で初期設定が必要
  • 通信速度が遅くなることがある

といったところ。

実店舗が少ない

格安SIMを提供するMVNOは、コスト削減のため店舗を持たない場合が多いです。

手続きは基本ウェブからで、相談やサポートは電話がメールが中心となります。

キャリアが提供するサービスが使えない

キャリア決済やキャリアメール(「~@docomo.ne.jp」「~@ezweb.ne.jp」「~@softbank.ne.jp」など)は使用することができなくなります。

キャリアメールをメインで利用している場合、乗り換え前にgmailなどのフリーメールに変更しておく必要があります。

クレジットカード払いのみのところが多い

主にネットで手続をする関係か、支払い方法がクレジットカード払いのみとなっているところが多いです。

個人的には、固定費はクレジット払いでポイントを貯めたほうが良いと思っていますが、口座振替などを希望の場合は、選べるMVNOが少なくなります。

スマホ本体の保証が受けられない場合がある

キャリアを利用している方は、電話機本体の追加保証サービスに加入している方が多いかとおもいますが、保証サービスを提供しているMVNOは多くありません。

そのため、本体に対する保証はメーカーの保証のみとなる場合があります。

乗り換え後に、自分で初期設定が必要

大手キャリアの場合は、契約したらその場で利用できるようになりますが、格安SIMは自分で手続きが必要です。

申込後、SIMが届いたら開通手続きや初期設定は自分で行います。

どのMVNOでもマニュアルが用意されていると思いますので、マニュアルの通りに設定すれば利用できるようになります。

通信速度が遅くなることがある

MVNOは、大手キャリアから回線を間借りしているので、通信速度が遅くなることがあります。

とくに、12時~13時ごろのお昼休みの時間帯は遅くなりやすい傾向があります。

動画の視聴等には向きませんが、LINEやTwitterといったアプリならそれほど気になりません。

格安SIMの選び方

「メリットとデメリットはなんとなく分かったし、自分も格安SIMにしてみたい」と思っても、どのMVNOを選んだらいいのかよくわからないですよね?

私自身も

りら

節約のために格安SIMにしたい!でも選び方がわからない!

と、なかなか実行に移せませんでした。

格安SIMを利用するときにまず最初に考えないといけないのが、

  • 新しく端末を購入するのか
  • 今の端末をそのまま利用するのか

ということ。

新しく端末を購入する場合

端末を新しく購入する場合は、SIMフリーの端末を購入することをおすすめします。

MVNOと契約する際に同時に購入するほか、自分でネット通販や家電量販店などで購入した端末を利用することが出来ます。

SIMフリースマホの場合、基本的にはどのMVNOでも利用することが出来るので、どこでも好きな会社を選んでOKです。

注意
欲しい端末が決まっている場合は、利用したいMVNOで動作確認がされているか、念のためご確認下さい。

いま利用している端末をそのまま利用する場合

今利用している端末を利用したい場合は、「SIMロック解除」をするか否かという2パターンがあります。

SIMロック解除とは
docomoやauといった大手キャリアで購入した端末は「SIMロック」といって、他社のSIMが使えないように制限がかけられています。
2015年5月以降に発売された機種については、「SIMロック」が解除出来るようになり、SIMロックされた端末であれば他社のSIMも使うことが出来ます。

SIMロック解除なしで利用する場合

SIMロック解除に対応していない端末など、SIMロック解除をせずに格安SIMを利用したい場合は、選べるMVNOに制限があります。

MVNOは、大手キャリアから回線を間借りしているので、いま利用しているキャリアと同じ回線を利用しているMVNOであれば、SIMロック解除をしなくても今の端末をそのまま利用することが出来ます。

例えば、今利用している端末がdocomoの場合、docomoの回線を間借りしているMVNOならSIMロック解除することなく乗り換えることが出来ます。

docomo回線を利用しているMVNOの例

など

au回線を利用しているMVNOの例

など

MVNOはほとんどがdocomoまたはauの回線を利用しています。

ソフトバンクの回線を利用しているMVNOはほぼないため、ソフトバンクの端末を利用している方はSIMロック解除が必要と考えたほうが良いでしょう。

注意
au端末の場合、LTE対応端末ならSIMロック解除なしでau回線のMVNOを利用できます。
しかし、VoLTE対応の端末を利用している場合は、SIMロック解除が必要となります。
3G対応端末の場合はMVNOを利用することが出来ません。

SIMロック解除して利用する場合

原則、2015年5月以降に発売された機種が「SIMロック解除」が可能となります。(一部例外あり)

端末をSIMロック解除した場合、どのMVNOを選んでもデータ通信は行うことが出来ます。

ただし、端末と回線の相性があり、機種によっては「音声通話が出来ない」ということになってしまうことがあります。

そのため、SIMロック解除をしたとしても、いま利用している端末と同じキャリアを利用しているMVNOを利用することが無難といえます。

  • docomo、ソフトバンクの場合→docomo回線を利用したMVNO
  • auの場合→au回線を利用したMVNO

がオススメです。

注意
現在利用している端末を利用する場合は、利用したいMVNOで「動作確認済端末」を必ず確認しましょう。

オススメの格安SIMはmineo(マイネオ)

mineoは私が現在利用しているMVNOです。

mineoのオススメポイントは

  • au/docomoの回線から選択可能
  • 通話SIMでも最低利用期間・違約金がない
  • 余ったデータ容量をシェアできる
  • 「フリータンク」から月1GBまでもらえる

といったところ。

他にもオススメポイントはたくさんありますが、最低利用期間・違約金なしという点は特に魅力だと思います。

いつ解約してもOKなので、とりあえず格安SIMを利用してみたいという方もお試し感覚で利用することが出来ます。


mineoの料金プラン

mineoは、docomo回線を利用したDプランと、au回線を利用したAプランがあります。

価格はすべて税抜きです。

ドコモプラン(Dプラン)の料金

基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 700円 1,400円
1GB 800円 1,500円
3GB 900円 1,600円
6GB 1,580円 2,280円
10GB 2,520円 3,220円
20GB 3,980円 4,680円
30GB 5,900円 6,600円

シングルタイプでSMS(ショートメッセージ)を利用したい場合は、月額基本料120円+通信料がかかります。

auプラン(Aプラン)の料金

基本データ容量 シングルタイプ
(データ通信のみ)
デュアルタイプ
(データ通信+音声通話)
500MB 700円 1,310円
1GB 800円 1,410円
3GB 900円 1,510円
6GB 1,580円 2,190円
10GB 2,520円 3,130円
20GB 3,980円 4,590円
30GB 5,900円 6,510円

Dプランとは異なり、SMSは月額基本料無料で利用できます。(通信料別途)

 

紹介キャンペーン利用で更にお得!

mineoは紹介キャンペーンを開催しています。

mineoを利用している家族や友人などに紹介してもらい、専用URLから申し込みすると、お互いAmazonギフト券1,000円分がもらえます!

mineoを利用している知り合いがいらっしゃらない場合は、下記URLから申し込みしていただきますと1,000円分のギフト券がもらえます。

👉http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=V2L0C0T1T8

こちらから申し込みしていただいた場合でも、当方に申込者の個人情報などは一切渡りませんのでご安心下さい。

注意
ギフト券は利用開始から3ヶ月目の月末までに送付されます。
3ヶ月目の月末までに解約した場合は、キャンペーンの対象となりません。

まとめ

一度変更するだけで、通信費をずっと抑えられる「格安SIM」は節約には欠かせません。

りら

我が家は年間72,000円の節約に成功!

「格安SIMって難しそう」と感じるかもしれませんが、意外と簡単です。(私もそうでした)

格安SIM導入のポイントは、「いま利用している端末をそのまま利用したいかどうか」という点。

いま利用している端末をそのまま利用したい場合は、利用できるMVNOが限られるので、その中から選択しましょう。

オススメは前述の通り、SIMロック解除さえ出来ればdocomoでもauでもSoftBankでも利用できる「mineo」です。

スマホを利用している家族が多いほど、多くの金額が節約できますので、ぜひ格安SIMを検討してみてくださいね。

\ランキング参加中/
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です