ストーク→SANGOにテーマ変更。正規表現でショートコードを簡単に置換する方法

WordPressのテーマを「ストーク」から話題の「SANGO」に変更しました。

ストーク独自のショートコードをたくさん使っていたので「Search Regex」というプラグインを使ってまとめて置換しました。

置換には正規表現を用いたので、手作業でやるよりはずっと時短になったハズ…。

間違っている可能性もありますが、ストークからSANGOへの乗り換えを検討している方のお役に立てればと思い、記事にしてみました。

私が時間をかけた分、どなたかの時短になりますように!

※ストークと同じオープンケージ製のテーマ「ハミングバード」「アルバトロス」でも多分使えます。

Search Regexをインストール

まずは「Searc Regex」をインストールして下さい。

(インストール方法は省略しますね?)

インストールしたら有効化するだけでOK!

ダッシュボードのツール>Search Regexからプラグインを開きます。

  • Source:検索する場所。デフォルトのままでOK。
  • Search pattern:検索対象
  • Replace pattern:置換対象

Search patternに入力されたものがReplace patternに入力されたものに置換されます。

ボタンは

  • Search:一致する検索結果を表示
  • Replace:一致する検索結果と置換結果を仮表示
  • Rplace&Save:置換して保存

となっています。

必ず置換する前にReplaceを押して、置換内容に誤りがないかチェックしましょう。

Search Regexの基本的な使い方は下記サイトが参考になります。

参考

Search Regexプラグインの使い方Admin Web

Search Regexを正規表現で使う

Search Regexを正規表現で使うには「Regex」にチェックを入れます。

後述するコードを「Search pattern」と「Replace pattern」にそれぞれ入力すると、ストークのショートコードをSANGOのショートコードに置換することが出来ます。

ストークのショートコードをSANGOのショートコードに置換する正規表現

ご利用の前に
Search Regexはデータベースを直接書き換えるプラグインです。

使用する前に必ずバックアップを取得しておいて下さい。

また、このコードを利用して発生したいかなるトラブル・損失について責任を負いかねます。

ご利用は自己責任でお願いいたしますm(_ _)m

右からの吹き出し


Search pattern(検索対象)
|\[voice icon="(.*?)" name="(.*?)" type="r"\]([\s\S]*?)\[/voice\]|
Replace pattern(置換対象)
[say name="$2" img="$1" from="right"]$3[/say]
ポイント
Facebook風やLINE風などを使っている場合は、type=”r”のところをtype=”r  fb”のように半角スペースを開けて入力すれば、SANGOのショートコードに置換出来ます。

左からの吹き出し


Search pattern(検索対象)
|\[voice icon="(.*?)" name="(.*?)" type="l"\]([\s\S]*?)\[/voice\]|
Replace pattern(置換対象)
[say name="$2" img="$1"]$3[/say]
ポイント
Facebook風やLINE風などを使っている場合は、type=”l”のところをtype=”l  fb”のように半角スペースを開けて入力すれば、SANGOのショートコードに置換出来ます。

補足説明


Search pattern(検索対象)
|\[aside type="normal"\]([\s\S]*?)\[/aside\]|
Replace pattern(置換対象)
[memo title="MEMO"]$1[/memo]

注意説明


Search pattern(検索対象)
|\[aside type="warning"\]([\s\S]*?)\[/aside\]|
Replace pattern(置換対象)
[alert title="注意"]$1[/alert]

シンプルボックス

Search pattern(検索対象)
|\[aside type="boader"\]([\s\S]*?)\[/aside\]|
Replace pattern(置換対象)
[box class="box2"]$1[/box]
ポイント
SANGOはボックスの種類が豊富なので、class=”box2″を変更すれば、他のデザインのボックスにすることも出来ます。
参考

ボックス・枠を挿入する方法と種類一覧SANGOカスタマイズガイド

関連記事


Search pattern(検索対象)
|\[kanren(.*?)postid="(.*?)"\]|
Replace pattern(置換対象)
[kanren id="$2"]

2カラム表示


Search pattern(検索対象)
|\[colwrap\]([\s\S]*?)\[col2\]([\s\S]*?)\[/col2\]([\s\S]*?)\[col2\]([\s\S]*?)\[/col2\]([\s\S]*?)\[/colwrap\]|
Replace pattern(置換対象)
[yoko2 responsive]$1[cell]$2[/cell]$3[cell]$4[/cell]$5[/yoko2]

3カラム表示


Search pattern(検索対象)
|\[colwrap\]([\s\S]*?)\[col3\]([\s\S]*?)\[/col3\]([\s\S]*?)\[col3\]([\s\S]*?)\[/col3\]([\s\S]*?)\[col3\]([\s\S]*?)\[/col3\]([\s\S]*?)\[/colwrap\]|
Replace pattern(置換対象)
[yoko3 responsive]$1[cell]$2[/cell]$3[cell]$4[/cell]$5[cell]$6[/cell]$7[/yoko3]

ボタン

Search pattern(検索対象)
|\[btn[\s\S]*?\]([\s\S]*?)<a[\s\S]*?href="([\s\S]*?)"[\s\S]*?>([\s\S]*?)</a>([\s\S]*?)\[/btn\]|
Replace pattern(置換対象)
$1[btn href="$2" target="_blank" class="raised main-bc strong"]$3[/btn]$4
ポイント
SANGOのボタンの種類を変えたい場合はclass=”raised main-bc strong”を任意のものに変更して下さい。

SANGOは新しいタブで開くようになっているので、同じタブで開きたい場合はtarget=”_blank”を消して下さい。

ストークと同じ中央寄せにしたい場合は、中央寄せのショートコードで挟んで下さい。

参考

ボタンの挿入方法と種類一覧SANGOカスタマイズガイド

ボタンを消す


Search pattern(検索対象)
 |\[btn.*?\]([\s\S]*?)\[/btn\]|
Replace pattern(置換対象)
$1
ポイント
ただのテキストリンクになります。

ストークでアフィリエイトリンクをボタンにしている場合は、こちらのコードで置換することをオススメします。

応用

【SANGOカスタマイズ】アフィリエイトリンクをボタンにする方法」を利用すれば、アフィリエイトリンクでもボタンに置換することが出来ます。

Search pattern(検索対象)
 |\[btn.*?\]([\s\S]*?)\[/btn\]|
Replace pattern(置換対象)
<div class="btn_link">$1</div>

まとめ

自分が使うために正規表現をまとめましたが、せっかくなので

りら

ストークからSANGOに乗り換えを検討している方のお役に立てたらいいな

と思い記事にしてみました。

何度も言いますが、素人なので間違っていたりすることがあるかもしれません。

ご利用は自己責任でお願いします。

また、間違いがあった場合はご指摘いただけると助かります。

 

\ランキング参加中/
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ 
ポチッと応援していただけると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です