話題の節約術「ポイ活」って知ってる?

ビットコインが暴落したら、借金やマイナスになるってホント?

仮想通貨をやってみたいけど、借金になったらどうしよう…

ひよっこ

なんて思っていたりしませんか?

「仮想通貨が暴落して、何千万もの借金を背負った」なんて人の話も聞いたことがあるかもしれません。

ビットコインを始めとする仮想通貨の取引は、場合によっては借金となる可能性もあります。

しかし、「取引所」または「販売所」で購入する場合なら、借金を背負うことはありません。

この記事では、仮想通貨で借金にはならない購入方法について詳しくご紹介します。

仮想通貨は価格変動が激しい

仮想通貨の王様「ビットコイン」は、2018年1月31日現在1BTC=106万円ほど。2018年1月7日の時点では、価格が200万円を超えていたので、現在は半分ほどの価値に下がってしまいました。

このように、仮想通貨(とくにビットコイン)は短期間で大きく値動きします。USドルが1ヶ月で200円から100円に下がる、ということは考えにくいですが、仮想通貨ではこういう大きな変動が頻繁にあります。

購入方法を誤ると、この価格変動によって「借金を背負う」ことになってしまう可能性があります。

りら

ちなみに、この暴落している今は購入のチャンスだよ!
MEMO
投資の世界には、「悲鳴(暴落)で買って、歓喜(暴騰)で売る」という言葉があります。暴落しているときは、嘆いている場合ではなく、購入のチャンスです!

「取引所」または「販売所」で購入すればマイナスにはならない

ズバリ!「取引所」または「販売所」で購入すれば、仮に暴落したとしても借金にはなりません!

「取引所」または「販売所」で購入する場合は、「日本円1万円と1万円分のBTCを交換する」という等価交換になります。

その為、1万円で購入したビットコインの価値が2万円になったら、1万円儲かる。ビットコインの価値が5,000円になったら5,000円の損失。ビットコインの価値が0円になってしまったとしても、損失は「ビットコインの購入に使った1万円」だけで済み、借金を背負うことはありません。

借金になることはありませんが、「価値が下がれば損をする可能性がある」ということは理解しておく必要があります。

MEMO
この「取引所」や「販売所」を利用した等価交換のことを「現物取引」といいます。

「取引所」での購入方法

ビットコインを購入するなら、「取引所」の利用がおすすめです。

仮想通貨取引所「ビットフライヤー」での購入方法は下記記事で紹介していますので、仮想通貨を初めて購入される方は、是非参考にしてみてくださいね。

ビットフライヤーでビットコインを購入する方法。簡単!図解付き!

「取引所」と「販売所」の違いについては、また詳しく記事にします。

FXや信用取引の場合は、借金になる可能性がある

取引所などで購入する「現物取引」とは違い、自分の資産以上の取引ができる「レバレッジ取引」というものがあります。

レバレッジをかけると、「日本円1万円で、10万円分のビットコインを購入する」ということが出来ます(レバレッジ10倍)。

この場合、1BTC=100万円から200万円に上昇した場合は、10万円の儲けとなり、少ない自己資金で多くの利益を得ることが出来ます。

しかし、1BTC=100万円から50万円に下落した場合は、5万円の損失ということになります。自己資金は1万円しかないので、5万円ー1万円=残りの4万円は借金ということになってしまいます😱

自己資金以上の取引が出来る方法の名称は取引所ごとにことなりますが、

  • FX
  • 信用取引
  • レバレッジ取引

という名前のつくものは、やらない方が安心です。その他、少し違いますが「先物取引」というものもあるので、よくわからない方は利用しないほうが安心です。

まとめ:借金を背負いたくないなら「取引所」または「販売所」を利用しよう!

FXや信用取引の場合は、うまく当たれば沢山の利益を得ることが出来ますが、多くの方は失敗し借金を背負うことになってしまいます。

借金を背負いたくないと思っている方は、「取引所」または「販売所」で仮想通貨を購入しましょう!

「取引所」か「販売所」で購入すれば、借金になることはありません。

 

仮想通貨の購入が初めての方には、「ビットフライヤー」での購入をおすすめしています。

ビットフライヤーの登録方法や、購入方法も詳しく記事にしていますので、参考にしてみてくださいね😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。